C-WEST RX-7FD3Sエアロパーツ 

C-WEST RX-7FD3Sエアロパーツ

C-WEST RX-7FD3Sエアロパーツ

マツダ RX-7 FD3S エアロパーツ開発コンセプト
ピーキーなロータリーエンジンの発熱温度はレシプロエンジンに比べ高いものです。そのエンジンルームにフレッシュなエアーを送り込めるように作ったのがウェスティンカーボンダクトです。フロントフェイスに標準装備しており、さらにエアの抜けを防ぐ為にオプションでエンジンルーム内に装備するカーボンテークも制作しました。サイドステップは冷却パーツのオイルクーラーとインタークーラー に必要なダクト面積を最大限に設定し、RX-7のデザインを崩さずに仕上げました。また、ハイパワーFR車のリアのトラクション不足を解消すべく、チューニングパワーに合わせたリアスポイラー。 そして、サーキットやゼロヨンも対応するGTウィングをチョイスする事により、完成度の高い車に仕上げることが出来ます。

http://www.c-west.co.jp/aero/fd3s/

カテゴリー: RX-7, エアロパーツ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です